家庭用の浄水器

家庭用の浄水器にも種類が多くあり、蛇口の先につける手のひらサイズのものから据え置き型や台所の下にしまうアンダーシンク、ビルトインと呼ばれるものまで様々あるようです。ウォーターサーバーと同じく、浄水器を使う目的もやはり安全で美味しい水を飲みたいということで好みの問題もありますが首都圏では40%ぐらいの世帯で使われるようになっています。
なぜ浄水器やウォーターサーバーを使うのか?と思う人はあまり水に関心がないのかもしれませんね。そのまま水道水を飲むとまずいし、塩素が入った水は刺激も強いと思うのですが、感じない人もいるのですかね?浄水器のメーカーとしては有名なのはタカギ、クリンスイ、メイスイなど国内メーカーやシーガルフォーやマルチピュアなどの海外製のものみたいです。
ウォーターサーバーメーカーも各社それぞれに工夫をこらし安全で美味しい水を作り、各家庭で飲んでもらえるようにしていますが、浄水器各社も家庭用品品質表示法に則り、基準をクリアしたものをお届けしています。
お料理や飲水にかんたんに使うには浄水器のほうが便利だと思いますが、ウォーターサーバーのお湯が出る機能が捨てがたいという意見もあるみたいです。でも置き場所の問題や月々のコストなど馬鹿にならないのでいろいろな観点から比較、検討したほうがいいと思います。
どちらをつかうにしても大切なことは、からだの大部分は水が占めていてその水を良い水に変えることが健康には大事ということだと思います。あとお料理にしても出汁をのせてあとのほとんどは水であったり、どんなにいい素材を用意しても水道水で調理をしてしまっては大事な栄養素が損なわれてしまうということです。当たり前に身近にあって、また欠かすことが出来ないみずですが、東日本大震災以降の意識の高まりもあり、本当に安全で美味しいものがもとめれてると感じます。
そんなニーズにこたえるために人気の家庭用浄水器を比較してる専門店もあるみたいです。